Blog&column
ブログ・コラム

台東区における不動産の売却相場!相場の推移や売却のコツも解説

query_builder 2024/05/07
コラム
台東区 不動産売却

不動産を売却するとき、「得られる利益はどれくらいか」「いつ売り出すのが最適か」などは気になるポイントです。そこで今回は、台東区にフォーカスして不動産の売却相場を解説します。

売却のタイミングや希望価格での売却など不動産売却のコツも解説するので、リスクを抑えつつ利益の最大化を狙いましょう。相場と売却のコツがわかれば、「売却後の赤字」や「買い手が見つからない」などのリスクも回避しやすくなります。

台東区における不動産の売却相場
台東区における不動産の売却相場を解説します。相場を知って、売却価格の設定や今後の資金計画を立てる際のベースにしましょう。

以下は、東京都23区における不動産の売却相場です。台東区の相場と比較しつつ参考にしてみてください。

【東京都の不動産売却相場】

  戸建て土地 マンション
売却相場 約5,300万円 約3,900万円
面積 約109㎡ 約46㎡
築年数 約13年 約23年

        
※出典:土地総合情報システム
※2020年~2023年における物件の取引件数データ

戸建ての売却相場
台東区における一戸建ての売却相場は次のとおりです。

【一戸建て土地の売却相場】

売却相場 面積の平均 築年数の平均
約7,280万円 約70㎡ 約25年

※出典:土地総合情報システム
※2020年~2023年における物件の取引件数データ

【一戸建て土地の売却相場推移】

年度 売却相場
2020年 約6,880万円
2021年 約6,370万円
2022年 約8,590万円

※出典:土地総合情報システム

上記のとおり、台東区は東京都23区よりも売却相場の水準が高く、年々相場も上がっています。築年数が古い物件も多いため、希望価格での売却に期待が持てます。

マンションの売却相場
台東区におけるマンションの売却相場は次のとおりです。

マンションの売却相場】

売却相場 面積の平均 築年数の平均
約3,700万円 約39㎡ 約17年

※出典:土地総合情報システム
※2020年~2023年における物件の取引件数データ

マンションの売却相場推移】

年度 売却相場
2020年 約3,500万円
2021年 約3,730万円
2022年 約3,830万円

※出典:土地総合情報システム

マンションの場合、売却相場は東京都23区よりもやや安いようですが、推移を見ると相場は年々上がっています。台東区は住環境としての利便性が高く、不動産需要は決して低くありません。

しかし、2022年頃から住宅ローンの金利が上昇しているため、このまま上がり続けると住宅需要は低下します。マンションの価値が低下するリスクもあるので、その前に売却することも検討しましょう。

不動産の売却実績から見る台東区の人気エリア
不動産の売却実績をもとに、台東区内のどのエリアが人気なのか見ていきましょう。

【エリア別の売却実績】

エリア名 売却相場 取引数
池之端 約7,780万円 49
上野桜木 約7,380万円 26
谷中 約6,040万円 26
雷門 約5,030万円 25
寿 約4,680万円 33
東上野 約4,450万円 85
蔵前 約4,170万円 93
竜泉 約4,170万円 72
浅草 約4,110万円 131
台東 約3,870万円 98

※出典:土地総合情報システム
※2020年~2023年の取引データ

池之端や上野桜木は、ターミナル駅である上野駅が徒歩圏内にあり、周辺地域へのアクセスが良好です。商業施設や大学なども近いため、台東区内でも人気が高まっています。

他のエリアも同様に、住環境としての利便性が高いため、不動産売買における需要が高いようです。上記エリアに不動産を所有している場合、希望価格での売却が叶う可能性があります。

台東区で不動産売却を成功させるコツ
台東区で不動産売却を成功させるには、次項で解説する「売却のコツ」も把握しておきましょう。売却時期や価格の設定方法を理解しておけば、赤字のリスクを防げるほか、期待以上の利益を出せる可能性もあります。

台東区では1~3月の売却を狙う
台東区では1~3月の取引実績が最も多いため、この時期を狙って売却活動を始めましょう。1~3月は入学や転勤など新生活へ向けて、不動産売買の取引量が増えます。

不動産の売却活動は少なくとも3~6ヶ月間はかかるため、12月までには不動産会社へ査定依頼を行いましょう。3月を過ぎると、取引量は約10%低下します。

買主が見つかりやすい時期に売却を始められれば、希望価格での交渉成立のチャンスが増えます。まずは不動産会社へ相談し、今後の売却プランを立てることから始めましょう。

相場を把握してから売却活動を始める
不動産の売却相場を把握しておけば、「価格が高すぎて買主が見つからない」「安すぎたために赤字になった」などのリスクを防げます。売却相場は、複数の不動産会社に査定依頼を出すと把握できます。「台東区における不動産の売却相場」も参考にしつつ、売却相場に合わせて不動産を売りに出しましょう。

ただし、不動産の売買交渉では、値引きされるケースもあります。値引き交渉への対応も考慮した価格に設定しておくと、期待する利益を出しつつ、買主も納得する条件で取引できるでしょう。

まとめ
台東区の売却相場は年々上がっており、売主にとっては利益を出すチャンスです。しかし、住宅ローンの金利上昇に伴い、不動産の需要が低下するリスクも忘れてはいけません。売り時がわからないときは、信頼できる不動産へ相談する必要があります。

「株式会社シンシアリーホームズ」は中央区を中心に、江東区・墨田区・台東区などでお客様の不動産売却をサポートしてきました。台東区の市場や不動産需要は熟知しておりますので、売却でお悩みの際はお気軽にご相談ください。お客様のご要望に合わせた売却プランを提案させていただきます。

NEW

  • 土地の売却費用はいくら?費用一覧と安く抑える方法を解説

    query_builder 2024/07/07
  • 土地活用のリスクとは?対策方法やリスクの少ない土地活用の選び方

    query_builder 2024/06/21
  • 土地活用としての駐車場は儲かる?仕組みや失敗しないコツを解説

    query_builder 2024/06/04
  • 一般的な土地活用の種類5パターン!選び方や注意点も解説

    query_builder 2024/05/20
  • 台東区における不動産の売却相場!相場の推移や売却のコツも解説

    query_builder 2024/05/07

CATEGORY

ARCHIVE