Blog&column
ブログ・コラム

土地売却で古家を解体するメリット・デメリット

query_builder 2021/12/15
コラム
excavators-demolition-construction-vehicle-crash
「古い家が建っている土地を売りたい」というかたも多いです。
そこで今回は、古家付きの土地を売るメリットやデメリットをご紹介していきます。

▼古家付き土地のメリット・デメリット
古家付きの土地には、さまざまなメリットやデメリットがあります。

■メリット
古家付きの土地のメリットは次の通りです。

・固定資産税が安い
・買い主が住宅ローンを使える

建物がある土地には「住宅用地の軽減措置特例」が適用されます。
敷地面積が200平米以下の部分は固定資産税が6分の1になる、といったルールがあります。
また古家付きの土地だと、金利の安い住宅ローンを買い主が利用できます。
買い主が土地購入の資金を用意しやすくなります。

■デメリット
古家付きの土地には以下のようなデメリットもあります。
土地の用途が限られる
・解体費用の負担がある場合も

古家付きの土地は、買い主の土地の利用用途が限られます。
立っている家がボロボロだったりすると、買い主への印象も良くありません。
また買い主から建物の解体費用を求められるケースもあります。

▼まとめ
解体費用は200万円前後の場合が多いでしょう。ただし鉄筋コンクリート造の建物だと250万円前後になることもあります。
東京都中央区にある株式会社シンシアリーホームズでは土、地売却に関するアドバイスやご提案を行なっています。
「古家を解体したほうが良いの?」といった疑問をお持ちのかたは、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 土地の売却費用はいくら?費用一覧と安く抑える方法を解説

    query_builder 2024/07/07
  • 土地活用のリスクとは?対策方法やリスクの少ない土地活用の選び方

    query_builder 2024/06/21
  • 土地活用としての駐車場は儲かる?仕組みや失敗しないコツを解説

    query_builder 2024/06/04
  • 一般的な土地活用の種類5パターン!選び方や注意点も解説

    query_builder 2024/05/20
  • 台東区における不動産の売却相場!相場の推移や売却のコツも解説

    query_builder 2024/05/07

CATEGORY

ARCHIVE